「To know あなたが何かを知るために」YPAMフリンジ公演

秋から冬へと季節が移り変わる中、皆様いかがお過ごしでしょうか?

この冬、あしプロでは「To know あなたが何かを知るために」神奈川公演を予定しています。
豊岡演劇祭2022からの再演となりますが、出演者も増え、YPAMフリンジ登録で世界初演となります!

「To know あなたが何かを知るために」上演

日時:12.18(日) 15:00 – 17:00
   15:00~15:45 公演 15:50~16:50ディスカッション
入場料:¥1000 (要メールご予約/当日払い)

総合演出・映像:塩田久人
企画構成・ダンス:おどるなつこ
演出助手:伊藤鈴乃
キャスト:あべっち じぬっち ジミー みのり ももりん プーさん 香菜子

会場:高架下ギャラリーsite D(黄金町) 〒231-0054 神奈川県横浜市中区黄金町1丁目

ディスカッション

今回は上演の後に「障害とアートがつくる今と未来」についてのディスカッションの部もございます。

「障害とアートがつくる今と未来」

ゲスト:野崎美樹
アートコーディネーター/プロデューサー。コミュニティとの関わりの中で制作する領域横断的作品等を手掛ける。2011年より美術館の学芸員としてラーニングプログラム等を企画。NPO法人スローレーベルでは障害ある人とのアート/パフォーミングアーツ作品の制作や芸術活動のアクセシビリティ環境整備に取り組む。日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS パフォーミングアーツ事業部プログラムディレクター。

ビデオゲスト:望月茂徳
立命館大学映像学部映像学科准教授。博士/工学。アートとテクノロジーを結びつけるクリエイティブ・テクノロジーについて関心をもち、障害の有無や包摂的デジタルメディアの研究で協働。『劇団ティクバ+循環プロジェクト』(KYOTO EXPERIMENT2012),『SLOW MOVEMENT -The Eternal Symphony-』(NPO法人スローレベル),『HAGOROMO』(豪州RMIT大学)

モデレーター:塩田久人・おどるなつこ

障害ある人のアート活動を実践されている方がをお招きし、それぞれの立場から見えていることをディスカッション。とても有意義な収録部分と、当日会場の皆様とのディスカッションの2部構成でお送りする予定です。
ぜひご予約の上いらしてください!メール予約は11/18(明日)より受付開始しており、先着30席です。

https://ypam.jp/programs/fr124

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です