「あしおとでドラマするビジュアルパフォーマンス」Dance Dance Dance @YOKOHAMA 参加者募集!

お盆が近づき空も高くなってきましたね。
秋のイベントも詳細が決まってきております!まずはこちらから!

吉野町市民プラザ主催 DDD 9/26~10/17

3年ごとに巡ってくる横浜市のダンスの祭典!
吉野町市民プラザさんの主催事業の募集が本日より始まりました!

「あしおとでドラマするビジュアルパフォーマンス」特徴

さまざまな表現方法を体感してみるWSを開催いたします!
広いホールで大きな輪をつくるタップダンス。それぞれの板の音色によるあしおとで会話を重ねていきます。
そこにインドの太鼓タブラが加わり、廃材ペインティングでは身体が感じたインスピレーションを色彩の跡としてみます。
未知の体験で新たな自分と出会いながら、大きな映像空間でその表現を作品に昇華して行きます!

現在は障害があると表現されている私たちの仲間、メッセンジャーが案内人に入ります
興味を持ったことには集中力全開の彼らと一緒に、あらゆる感覚を開いてみませんか?

コロナで学校も分散登校だったりする中ですが、距離をとったまま、大きな素敵な空間を作りましょう!!
ご参加、お待ちしております!!!

こちらの動画で、雰囲気が感じられるかと思います!
自由の先に何かが見える。即興劇:ハーモニー↓

https://youtu.be/0xzobId_bvw


イベント詳細

映像空間の中、リズムを軸に「ダンス」「音楽」「ペインティング」3つのアート要素を役柄として即興でドラマを創ります。
各パートごとに、それぞれの表現方法を探し、みんなで交流し、あしおと(タップダンス)での表現も共有し、作品は即興で創り上げていきます。

◉開催日時:ワークショップ(5) 9月26日、10月3日、10月10日、10月17日(日) ※10時~
     :公演(作品発表)10月17日(日) 開場14時45分~ 開演15時~

◉参加費:ワークショップ:参加¥6,000(全日程)見学¥500(1回につき)
     ※先着順、小学生以上(小学生は保護者同伴)、参加費にはおとたびレンタル料なども含まれます。
     公演観覧:会場 ¥1,000 オンライン無料

◉ワークショップ内容:各日とも2名づつあしプロメッセンジャーが案内人に入り、作品発表時は6名がご一緒します。

  9/26:おとたびを履いて古材を踏むタップダンスWS(おどるなつこ)
  10/3:インドの太鼓タブラとタップダンスでつくるWS(指原一登・おどるなつこ)
  10/10:映像とピアノのある空間で踊るWS(塩田久人・おどるなつこ)
      :廃材利用し身体を使って大きく絵を描くWS(船木真那/武松商事・塩田久人・おどるなつこ)
  10/17:映像空間で作品を組み立てる(全員)
     :作品発表(公演)

参加お申し込み・お問い合わせ

↓↓↓お申し込みは吉野町市民プラザへお願いします↓↓↓
http://www.yoshinoplaza.jp/2021/08/dance-dance-dance-yokohama-2021.html
電話:045-243-9261 fax:045-243-9263
ご参加お待ちしています!!!

ークショップお試し参加も募集開始!

 9月26日(日)、10月3日(日)、10日(日)に関しては、ワークショップ1回につき、参加費1,000円でも参加できます。
 もし興味がわいたら、そのまま作品発表まで参加も可能。またワークショップ見学のみは、1回につき500円。
 ※10月17日(日)のワークショップ・作品発表のみのお試し参加はありません。
 ※ワークショップお試し参加・見学のお申込みは吉野町市民プラザ担当:山本まで電話もしくはメールでご連絡ください。
  TEL.045-243-9261  E-mail:yoshino_info@yoshinoplaza.jp

【参加者募集動画】

【追加情報動画】

ライブペインティングにご協力いただきます武松商事株式会社様を訪問、ワークショップご担当の船木様にプログラムの紹介をしていただきました!

出演者・スタッフ紹介

出演:ワークショップ参加の皆さん・メッセンジャー(NPO法人あしおとでつながろうプロジェクト)
ゲスト:指原一登/タブラ・武松商事株式会社アップサイクル企画 船木真那/ペインティング

演出振付:おどるなつこ/タップダンサー・振付家
東京都ヘブンアーティスト、ARCT文化庁芸術家派遣事業、可児市ala市民演劇振付ほか、路上から劇場まですべての人とおどりあう。ドイツ国際平和村訪問を機に2021年より始めたあしおとでつながろうプロジェクト代表として、国籍や障害を越える楽しい体験を広げている。

総合演出:塩田久人/クリエイティヴ・ディレクター
CGデザイナーとして映画、CMなどに関わりながらディレクターとしても多くの映像制作に関わる。2021年より、あしおとでつながろうプロジェクトのアートディレクターとして活動の幅を広げる。映像・アートをメインに様々な環境を繋ぎ多くのアート体験を創出する。

2018年 吉野町芸術工房

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です